通信制高校の実態

通信制高校って全く学校に行かなくていいの?

1月 9th, 2014

通信制高校なら全く学校に通わなくても高校が卒業できる!と思っている人も少なからず居ると思います。これは通信制高校が自宅学習を主体とした教育機関であるというイメージのみが先行し過ぎた結果でもあります。実際はというと確かに殆ど学校に通わず卒業できる学校はあるものの全く学校に通わず卒業する事はいくら通信制とはいえ不可能です。


通信制高校とスクーリング

多くの通信制高校では単位制が採用されている為、必修科目や選択科目などを合わせて74単位の取得が卒業には義務付けられています。そしてその必修科目には「スクーリング」と呼ばれる「登校」や「面談」のようなカリキュラムが含まれており、年間で一定数以上の登校が単位所得には必要となっています。


スクーリング頻度のからくり

全日制の学校に比べるとその頻度は圧倒的少ないもの、スクーリングの単位所得には凡そ月1~2回の登校が必要となっています。ただ厳密には「相応の面談時間が確保できればよい」とされている為、テレビ電話などを駆使して必要登校日を減らしている学校や、年に一回数日間の合宿を行なう事でまとめて面談時間を確保している学校もあるといいます。その為同じ通信制高校でも全日制と変わらず週5日で通う所もあれば、週に1~2回という所もあり、また年間に連続した3日間の合宿だけ、といった学校もある等その頻度は学校によって大きく異なります。

おすすめページ・・・・高校中退した方や全日制高校が苦手な方向け

Comments are closed.

Copyright © 2012 通信制高校の実態. All Rights Reserved.