通信制高校の実態

少ないスクーリングの通信制高校

8月 28th, 2014

通信制高校は、基本的に通学は前提になっていません。ただし面談指導を行う必要性はありますので、必ず「スクーリング」には参加しなければなりません。スクーリングは理由が明確出ない限り、出席しなければならないことになっています。理由の主なものは本人の病気やケガ、提携校への留学、仕事などですが、スクーリングへの参加が負担になっている生徒もいます。


<スクーリング日数>

通信制高校はスクーリングを必ず行うという決まりがあります。しかしコミュニケーションを図らなければならない場面が心の負担で全日制や定時制の高校には行かなかった生徒もいます。このような生徒は、スクーリングが嫌で嫌でたまりません。大きな心の負担になってしまっているかもしれません。面談指導によって学習の進み具合に対する心配や相談、進路への不安などが軽くなることもあり、無意味なものではありません。可能な限り出席したほうが本人の為にもいいのですが、それが大きな心の負担になっているのであれば、困りものです。また働きながら学習している人などは、自由な時間が取りにくいこともあります。スクーリング日数が少ない通信制高校もあります。少ないと言われる目安は大体年間20日程度です。年に1回合宿形式で集中して行う学校もあります。

Comments are closed.

Copyright © 2012 通信制高校の実態. All Rights Reserved.