通信制高校の実態

公立通信制高校の学費負担

4月 11th, 2014

通信制高校には公立と私立があり、いかなる背景を持つ人でも等しく高等教育を受ける機会が与えられるようにというところから生まれているのですから、公立は費用面で大変負担が低くなっています。しかし通信制高校の制度で恩恵を受けたいと思う学習者は、経済的な理由によって進学を断念したひとだけではありません。


<公立通信制の費用負担>

公立の通信制高校は、若干の違いがあっても、おおよそのところ入学金500円で、諸経費は4000円前後です。年間授業料は1万円から3万円ほど。その他に教科書や学習費といった経費が年間1万円前後かかります。しかし生活状況にかかわる要件に沿えば、無償となることもあります。奨学金制度や優遇処置、スクーリングに参加する際の交通費割引など、様々な支援があります。高校卒業に向けて、経済的に負担が軽くなるようなに取り図られています。経済的な理由で入学や卒業を断念しなければならないといったことがないように配慮されています。


<費用負担の軽減だけでは解決できない問題>

公立の通信制高校には、経済的な理由で諦めなくて良いように配慮されています。そのため熱心な学習者や基礎力が備わっている場合には問題がありませんが、不登校や学習怠慢によって全日制高校への進学や転校を断念したというケースの受け皿としては、学習者がついてゆけなくなる可能性の高いカリキュラムです。
人によっては「努力する気持ちがあればなんとかなる」という範囲を越えているとも言われ、そこが大きな問題点となっています。

Comments are closed.

Copyright © 2012 通信制高校の実態. All Rights Reserved.